カホコ(高畑充希)と泉(黒木瞳)に腹を立てた正高(時任三郎)は、とうとう家出を敢行!時を同じくして親戚の抱えていた問題も次々表面化する。初(竹内涼真)の影響で過保護を自覚し始めたカホコはこの機会に将来のことを真剣に考えるが、家族のいない初の生い立ちを知り、自分にできることはないか奔走する。