晶子(鈴木保奈美)が、11年前に奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だと自首した。黎(福士蒼汰)は葛藤しながらも、警察の事情聴取では晶子に合わせて嘘をつく。晶子は逮捕され、黎は爽(川口春奈)に別れを告げる。そんな折、法律事務所に出勤した爽は、見覚えのない封筒を見つける。中には、奥森が遺した日記のコピーが入っていた。それを読んで衝撃的な事実を知る爽。彼女は、日記に書かれていたことを立花(遠藤憲一)に突きつける。