車いす同士の激しいぶつかり合いが特徴のパラリンピック競技“ウィルチェアーラグビー”。実は、男女混合競技だ。その競技で、日本代表初の女子選手が倉橋香衣選手。彼女の日本代表にかける思いとは――
母親が体操を好きだったこともあり、小学生の頃から体操をやっていた倉橋選手。その後、大学生になりトランポリンに転向。しかし、大学3年生の時、大会の公開練習中に頭から落下してしまった。当時のことを倉橋選手はこう語る。
首かな、やってもうたなっていうのと、救急隊員に“わかりません”って言ったら、今触っているんだよって言われたときに、『感覚もなくなるんや』って」
診断結果は頸髄(けいずい)損傷だった。今も腕の一部を除いた鎖骨から下の感覚がないという。
障害をおってからも、体を動かすことが好きな気持ちは変わらず、リハビリを兼ねて多くの競技を体験したという。そんな中、当時通っていた訓練施設で声をかけられ、出会ったのがウィルチェアーラグビー。倉橋選手はこの競技に対してこう思ったという。
「“こわい”というのはなくて、ぶつかっても怒られへんからいいなって」
しかし、競技を始めてから痛感したのは、男子選手との力の差だった。
「力が全然違うなとか、そういう部分は悔しいし、でもそれは自分の今の実力が全然足りてないから」
それでも男子選手に負けないため、そして、日本代表として生き残るため、男子選手の中で倉橋選手は日々練習に励む。

※the SOCIAL 2017年12月公開分より

the SOCIALは平日12時からライブ配信・放送中!
・the SOCIAL http://www.ntv.co.jp/the-social/
・日テレNEWS24 http://www.news24.jp/
・Hulu https://www.happyon.jp/
・Yahoo!トップ(動画LIVEタブ)https://www.yahoo.co.jp/
・Yahoo!ニュース動画
・Yahoo!ニュースアプリ(映像タブ)

<SNS>
・the SOCIAL https://www.facebook.com/theSOCIAL24/
・Yahoo!ニュース https://www.facebook.com/yjnews/
・Yahoo!映像トピックス https://twitter.com/YJ_videotopics
・CS/CATVでもご覧いただけます!