■フレンチカレーとは?
そこで今注目のカレータウン「西荻窪」へ。なぜ今西荻窪でカレーがアツいのか?元々アンティークの店が40軒以上も点在する、こだわりの街として有名ですが、そんな中、近年こだわりのカレーを出す店が急増。その数、20軒以上だそう。
まずは、駅から徒歩3分のフレンチカレーの店へ。フレンチカレーとは、フレンチの技法を使って作っているオリジナルのカレーだといいます。トロトロに煮込まれた牛ほほ肉とスパイスがきいたカレーソースが相性抜群です。
ポイントは、フランス料理のダシ、フォンドボー。使うのは大量の牛骨。焼いて香ばしさを引き出した後、タマネギやニンジンと合わせます。水ではなく、ダシで作るのがカレーをおいしくする秘けつです。お味のほうは――
世楽ちゃん「あっ!なるほど!これはおいしい!お野菜の甘みだったりとか、ダシのうま味がうまく絡まり合っていて、とても深みのある味わいです」

■複雑な味がクセになる
続いては、地元の主婦からも評判のカレー店。旬の食材をアレンジした独特の味が人気です。この日は、生のトマトで酸味を生かしたソースに、今が旬のカキを合わせたカキカレーや、さっとゆがいた菜の花に豆を合わせたアイデアレシピもあります。いろんなカレーをお好みで組み合わせてワンプレートに。真ん中に乗ったパパドという豆のせんべいが食感のアクセントになります。
ここでプラス情報。ひとつひとつ食べてもおいしいけど、もっとおいしい食べ方が。カキも野菜も全部、豪快に混ぜてしまうことで、味に複雑さが増して、うまさが倍増するそう。
世楽ちゃん「ん!全部混ぜるのが一番おいしいです!本当です!ホントに!ホントに!西荻窪でカレーのいろんな楽しみ方を発見できました」

【お問い合わせ情報】
■フレンチカレーSPOON
【紹介した商品】・フレンチカレー 930円(税込み)
■大岩食堂
【紹介した商品】
・大岩食堂のミールス 1830円(税込み)
(チョイスしたもの:カキカレー、南インド風チキンカレー、菜の花と豆のカレー)
----
日本テレビ(日テレ)の報道番組「Oha!4 NEWS LIVE」(おはよん)
http://www.ntv.co.jp/oha4/