突然の雨に傘がなくて困った…そんなときの味方がありました。新橋駅すぐ近くにある自動販売機の横には、なんと傘が設置してあるんです。
実はこれ、飲料メーカーのダイドードリンコが行っている「レンタルアンブレラ」というサービス。書類や手続きもなく、傘を取るだけで誰でも無料で借りることができ、返却も同じ場所に戻すだけです。
利用者からは、「急な雨だったが助かった。ありがとうございました」と、お礼の付箋が貼られていたこともあったそうです。
このサービスを始めたきっかけは、自動販売機に飲み物を補充するスタッフが、雨の中傘をささずに走っている人を見て、「傘を提供できないか」と思ったことから。そして、3年前に「レンタルアンブレラ」が生まれました。
大阪市内限定でスタートしたところ、とても評判がよく、今では東京・愛知など16都道府県で、約500台設置しているそうです。
気になるのは、傘がちゃんと返ってくるのか?というところ。返却率は約7割とのことで、残りの3割もいつか返してくれると信じて、「長期レンタル」と呼んで気長に待っているそうです。使われている傘の約半分は「電車の忘れ物傘」で、鉄道会社から提供してもらっています。
では、どこに「レンタルアンブレラ」が設置されているのかというと、利用状況によって変更することもあるので、設置場所は非公表となっています。ただ、オフィスビルの中や商店街、コインパーキングなど、「また人が戻ってくるような場所」に設置していることが多いそうです。
※2018年9月放送分より
----
日本テレビ(日テレ)の報道番組「Oha!4 NEWS LIVE」(おはよん)
http://www.ntv.co.jp/oha4/