今回は、「廃屋からの視線」。
出版社勤務のケイコさんが車で実家に帰る途中、暗闇の中にある古い廃屋から視線を感じた。
気味が悪くなり住職に相談すると、衝撃の事実を聞かされ…!?