とあるオフィスの深夜警備を任されることになったIさん。正体不明の音に身の危険を感じ、逃げようとするが……?