凜々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条(宅麻伸)の息子・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件を担当する。秀成は「被害者に包丁で脅され、身を守るためだった」と正当防衛を主張。それを裏付ける目撃者も現れる。しかし凜々子と相原(安田顕)が調べを進めていくと、事件には隠された謎が…。中条から捜査への圧力もかかり、凜々子の下す起訴判断が、検察庁全体をゆるがす重大な問題へとなっていく…。果たして事件の行方は?