初めて殺人事件を担当する事になった凜々子(吉高由里子)は、大張り切り。しかし事務官の相原(安田顕)からは、「常に冷静に」と釘をさされる。被疑者は、夫の暴力から身を守る為、殺してしまったという主婦・町田かれん(財前直見)。初めは同情する凜々子だったが、その後かれんが夫以外の男性と頻繁に会っていたという情報がもたらされる。さらに司法解剖によって新事実も明らかになり、殺意があった疑いが強まっていくーー。