【BS日テレ放送版】
無実の罪で旧宮殿に追放となったヒュッレム。皇子やスレイマン皇帝と引き離されて、涙ながらに後宮を去る。宿敵の失脚に皇帝妃マヒデブランは満足するが、調査が進むにつれ、アイシェの死がヒュッレムの犯行と思えなくなった者たちもいた。大宰相イブラヒムが聞き込みを続けていると、当日の出来事を目撃したという者が現れ…。そんな頃、ヒュッレムがアレクサンドラと呼ばれていた頃の恋人がオスマン帝国にやってきていた。