【BS日テレ放送版】
皇女ハティジェの婚約者チェレビーは胸を患っていた。それが母后やスレイマン皇帝の耳に入る頃、皇子ムスタファがひどいセキをして発熱。感染かと緊張が走る。これを機に皇帝とマヒデブラン妃が接近。心穏やかでいられないヒュッレムは、神聖な木曜日に皇帝を誘い、身支度して待つが…。大宰相となったイブラヒムは故郷への帰省を嘆願。皇女へのかなわぬ思いを胸に、そのまま戻らないかもしれないとマトラークチュに話す。