秀作(山田涼介)は里子(恒松祐里)と結婚する気の博文(小澤征悦)に、彼女のことを前から好きだったと打ち明けるが、博文は引き下がるどころか「争うだけ無駄」とあしらう。激怒した秀作は、今度ばかりは勝ってみせると宣戦布告するのだった。一方、楠木(千葉雄大)に見せるためのキスを知晶(波瑠)からされた尾関(小瀧望)は、知晶を好きになってしまったらしく、秀作に例え話を持ち掛ける。