博史(佐藤勝利)の同期・南雲(前田航基)が社長の大沢(船越英一郎)を刺した。なぜ南雲はそんなことをしたのか?幸い軽症で済んだ大沢は、事件を内々で処理し、南雲を軟禁する。その一方で、眞子(菜々緒)は博史に審査部で担当部長の瀬登(小林隆)を”リストラする理由”を探るよう命令。しかし南雲のことが気になる博史は仕事が手に付かず、眞子は仕方なく南雲が大沢を刺した理由を語り始める。