広告デザイナーの萩原利樹(二階堂高嗣)は毎日仕事に追われ、妻・千鶴(入山法子)や娘の莉里(野澤しおり)と過ごす時間を作ることもままならない。ある日、利樹は仕事の納期や内容変更が重なり、約束していた娘のお遊戯会も寝過ごしてしまう。「疲れた」が溜まりきった利樹は「田舎でのんびり暮らしたい。時間に追われて仕事をしたくない」と、都会を離れる決意をする。スローライフを目指し田舎で暮らし始めた利樹の末路は…。