食玩メーカーのOL・小笠原奈美(ともさかりえ)が同僚の姫島理沙(入山法子)殺害容疑で逮捕される。好意を寄せる奈美からの弁護依頼に浮かれる登別(正名僕蔵)だが、企業法務専門の登別に勝ち目はないと、拓(坂口健太郎)たちが引き継ぐ。現場に赴いた拓は、真冬の海に入ると海中に顔を押し付け事件を検証するが…。有力な証拠がないまま裁判を迎え、さらに証人である奈美の上司の意外な一言が一気に拓たちを窮地に追い込む!