マリーナの悲鳴で目を覚ますと、壁にはそれまではなかった謎の印が描かれていた。