沙織は黒幕の「週刊星流」編集長の福島勲のねつ造を紙面で告発しようとするが、福島によって記事は差し替えられる。それは妹の綾子が圭吾の愛人だったという記事だった。沙織は激怒するが、福島は全部真実だと主張して証拠動画を見せる。その動画で、圭吾は綾子と肉体関係を持った事を認めていた。