沙織はネット通販会社の女社長、南條に復讐するために動き出す。そんな折、沙織は「週刊星流」デスクの天満龍二から依頼され、沙織の事を調べていた便利屋の城田純一に復讐を気付かれて恐喝される。天満自身も独自に動いて沙織の正体を探る。5年前に圭吾の記事を書いたのは天満だった。