311の教訓は生かされたか?能登半島地震の現場で見えたコト

2024年03月10日 (日) 放送分
9分
あと2日
2024年04月15日 (月) 午後11時59分まで
お気に入り

今年は東日本大震災から13年。そして今年元日には能登半島地震が発生しました。バンキシャ!が石川県珠洲市を取材すると、東北から能登へと引き継がれていた教訓と備えがありました。東日本大震災後に整備された珠洲市の避難経路で、津波から逃れた人たちがいました。13年前に岩手で被災し、その時の経験を珠洲の職場に活かしてマニュアルを整備した女性がいました。能登につながれた「教訓」と「備え」の大切さを、桝太一キャスターが取材しました。