今が旬の「アンコウ」を求め、北茨城市の平潟漁港へ!海水の冷たい冬、アンコウは身を守るためよく脂が乗り身も締まるという。特に、親潮と黒潮が交わる茨城沖は、プランクトンや甲殻類などの豊富なエサでアンコウがより美味しくなる。漁港ではアンコウ漁の方法や工夫などを伺い、地元の販売所や料理店では「食べられないところがない」アンコウを丸ごと味わう。そして、豪快な「アンコウの吊るし切り」まで披露! 様々な味わい方・調理法を知り、松平健が生みだすオリジナルのアンコウ料理とは…?